遺言を作ると相続税が安くなる?野上

平成27年7月、政府・与党は、遺言に基づいて遺産を相続した場合に一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除する「遺言控除」を新設する検討を始めました。控除額は数百万円を軸に検討されています。
現在、相続税の課税対象のうち遺言を残した案件は少なく、相続トラブルが起こったり、不動産処分が進まずに地方の空き家が増加する一因などにもなっています。
「遺言控除」を新設することで、遺言による遺産相続を促し、このような相続をめぐるトラブルを防ぎ、資産の移転が円滑化されることが期待されています。

近年、エンディングノートの流行もあり、多くの専門家が遺言書の作成を勧めています。
その一方で、必要性をそこまで理解していただけていなかったり、つい作成を先延ばしにしてしまったりで、実際に遺言を作成している方の数はまだまだ少ないのが現状です。

この「遺言控除」の創設が、これまで遺言の作成はいらないかな、と思っていた方も、まずは相続税の節税対策としてでも遺言書の作成を検討していただくきっかけになれば良いと思います。
ただし、誤った内容の遺言を残してしまうと、逆にトラブルの種になることもあります。
遺言の作成を検討される際には、必ず相続の専門家にご相談の上、作成を進められることをお勧めいたします。

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続相談会について

各分野のスペシャリストによる無料の相続相談会を、東京都及び東京近郊にて毎月開催しています。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。