「特別受益とは?」服部

民法の定める法定相続分は、被相続人からマイホーム購入の
ための資金援助を生前に受けていたなどの一切の事情を考慮
しないで一律に決められています。
ですので、相続人間で不公平感が増し、相続時にトラブルの
原因となることがあります。

そこで、各相続人間の公平を図るために、こうした生前贈与等を
考慮して、相続人の具体的な取り分を変更するために行うのが
特別受益の主張です。

すなわち、相続人の中に、被相続人から生前贈与を受け、ある
いは遺言により遺贈を受けたことによって、他の相続人と比べ
て特別の利益を受けている場合、この特別の利益を特別受益と
いいます。

具体的には、相続人の中に、被相続人から遺言によって財産を
譲り受けたり、あるいは、被相続人の生前に被相続人から婚姻・
養子縁組のために贈与を受けたり、あるいは生計の資本として
贈与を受けたりしている人がいる場合には、被相続人が亡くなっ
た時点において、被相続人が保有していた財産にその贈与の金額
を加えたものを相続財産とみなした上で、各相続人の相続分を
相続分に従って算出し、さらに、その算出した相続分から、遺贈・
贈与の金額を差し引いた残額をその特別受益者の相続分とします。

そして、特別受益の主張を行う際には、その主張を裏付ける客観的
な資料を準備しておくことも重要です。

この他に留意すべき点としては、被相続人が生前になされた贈与を
遺産に持ち戻さないことを望む場合には、差し引き計算されないこと
になります。この意思を持戻し免除の意思表示といいます。

被相続人としては、持戻し免除の意思表示を生前しておけば、民法
によらずに残りの遺産は分けられることになります。ただし、これも
各相続人の遺留分を侵害できませんので注意が必要です。

持戻し免除の意思表示の方式は特に決まっていませんが、後日の
争いを避けるために遺言でしておくべきでしょう。

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続でお困りの方ご相談ください!

「相続のことを誰に相談したらよいのか、わからなかった」と言う人が多くいらっしゃいます。 法律や税金のことだけでなく、遺言、任意後見、不動産の評価や有効活用など、相続に関するあらゆるお悩み・疑問を各分野のスペシャリストが解決します。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。

■事務局:ライフアシスト株式会社
TEL:03-6410-9916
受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)