大田区千鳥町にて無料相続相談を行いました 12月4日

15285030_1226903537392119_2780843960011717468_n

今月は環八千鳥住宅公園で住まい・法律・相続の無料相談会を行いました。お越し頂いた方はお若いご夫婦で、
ご主人の祖母の相続についてのご相談でした。その祖母は、相談者の故郷の実家に相談者の両親、相談者の妹夫婦、さらに妹夫婦のお子さんと同居されているとの
ことでした。つまり4世代が同居されているとのことです。
 やはり4世代が暮らす家ですから土地も相当広く、約1000㎡とのことでした。その場で路線価を調べたところ、だいたい4000万円位の評
価額になりました。相続税の計算をする場合、居住用の土地については、相続人も居住用として使用する等の一定の要件を満たせば「小規
模宅地等の特例」を適用し、その評価額から80%減額することができます。しかしこの特例には1つ制限がありまして、適用できるのは最
大330㎡までという面積制限があります。つまり減額できる金額は、4000万円×330/1000㎡×80%=1056万円という事になります。
 これでも十分大きな減税効果はありますが、もしも同じ評価額の土地4000万円の所在が大田区だったとすると、だいたい130㎡程度の広
さしかありませんので、面積制限を受けることなく、4000万円×80%=3200万円も減額することができます。
 この様に小規模宅地等の特例は、単価の高い土地に適用した方が有利だという事をあらためて実感しました。居住用という生活には欠か
せない財産は優遇しましょうというのがこの小規模宅地等の特例制度の考えですから、個人的には同じ評価額であれば同じ減額となるよう
に制度を改めるべきではないかなぁと感じます。
最後にこの方の故郷というのがたまたま私の故郷と同じだったため、故郷の名産品の話で盛り上がりまして、私もお正月には美味
しいものを食べに故郷に帰ろうと思います。

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続相談会について

各分野のスペシャリストによる無料の相続相談会を、東京都及び東京近郊にて毎月開催しています。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。