7月に行った相談会でのお話

7月20日に大田区蒲田で行った無料相談会で2組のご相談者様がいらっしゃいました。

うち1組のかたから、

「このままだと相続税が払えないくらいかかってしまうのではないか?
それだったら今の家(築40年木造)を壊して相続税を安くしたほうがいいんですか?」

という不動産のご相談を受けました。


今回のご相談には

「築40年木造の家は、相続税評価が低いのでほとんど相続税の減額にはなりません。
逆に小規模宅地が使えなくなったり、更地になって土地の評価が上がってしまうため、違う方法もあります。」

とお答えしました。


税理士の小川より、今のままの相続税の資産などをざっくりお話ししたところ、とても安心されていたようで、「財産全体の資産をするともっと安心ですよ〜」ということをお話ししました。

 

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続相談会について

各分野のスペシャリストによる無料の相続相談会を、東京都及び東京近郊にて毎月開催しています。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。