「節税よりも大事なこと」野上

相続に関わる仕事をしていると、残念なことに、相続をきっかけに親族間で揉めてしまい、完全に縁が切れてしまうというケースも目にします。
平成27年から相続税の増税が行われることから、相続対策というと節税の対策に目が向けられがちです。しかし、本当に大切なことは税金を節税することではなく、このような争いが起こらないようにすることではないでしょうか?

相続対策、というお話をすると、「うちはお金がないから関係ない」「相続争いなんて一部のお金持ちの人の話でしょ」という反応が返ってくることがしばしばあります。
しかし、家庭裁判所に持ち込まれた遺産分割争いの案件は、全体の30%以上が遺産が1、000万円以下の方です。1、000万円超5、000万円以下の方も含めると、実に全体の75%以上がこの範囲に収まり、財産の多寡に関係なく、揉め事が起こっているということがわかります。

相続対策を行う上では、「分割」(遺産をどう分けるのか)「納税」(相続税をどうやって払うのか)「節税」(いかに払う税金を少なくするか)の3つのポイントをバランスよくカバーすることが重要です。

分割の対策としては、まずは遺言書を作成することが挙げられます。
お亡くなりになる方の最後の意思が「遺言書」という形で残るため、多くの場合、残された方々はその意思に従い、揉めずに遺産分割を行うことができます。
「生前贈与」により、自分が元気なうちに自分があげたい人にあげたい財産を渡しておくことも分割対策の一つの方法です。

まずは、残されたご家族が揉めないようにするための方法を考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続でお困りの方ご相談ください!

「相続のことを誰に相談したらよいのか、わからなかった」と言う人が多くいらっしゃいます。 法律や税金のことだけでなく、遺言、任意後見、不動産の評価や有効活用など、相続に関するあらゆるお悩み・疑問を各分野のスペシャリストが解決します。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。

■事務局:ライフアシスト株式会社
TEL:03-6410-9916
受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)