「遺産分割とは?」服部

相続サポート協会の服部です。

遺産をどのように分けるかを巡って親族間で揉めてしまうことが度々起こっています。特に、二人以上相続人のいるような被相続人(亡くなった方)が、遺言書を残していないケースで相続争いとなることがあります。

その原因として、遺言書が残されていない場合に、法律には遺産をどれだけ取得することができるかという割合(これを法定相続分といいます)しか定められておらず、誰がどんな遺産を取得するというような遺産の分け方についてまで定められていないことが挙げられます。

遺産分割とは、相続人同士で遺産を具体的に分割することをいいます。被相続人が亡くなることで相続が開始すると、遺産は、遺産分割が行われるまで、相続人全員の共有の財産となります。

遺産には不動産が含まれていることが多いですが、遺言書が残されていない場合、遺産分割が完了しなければ名義変更を行うことはできません。

このように、被相続人が遺言書を残すことなくお亡くなりになった場合には、名義変更等の諸々の手続きを行うためにも、相続人全員によって、遺産分割を行う必要があるのです。

執筆者

相続サポート協会
弁護士 服部毅

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続相談会について

各分野のスペシャリストによる無料の相続相談会を、東京都及び東京近郊にて毎月開催しています。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA