「なぜ遺言が必要か?」服部

なぜ遺言を残しておくことが必要なのでしょうか?

「資産を多く持っているわけでもないし、家族の仲も良いから、何も遺言なんて残しておく必要はない」と考えている方もおられるかもしれません。
しかし、実際には、遺産がそれほど多額に上らなくても、遺産の分け方を巡って相続人の間で紛争になることは少なくありません。特に遺産の中に不動産が含まれる場合、不動産を容易に分けることはできませんし、不動産をいくらと評価するのかを巡って揉めてしまうことも多々あります。

もし遺言がなければ、遺産をどのように分けるかについては、相続人全員により遺産分割協議を行って合意に達する必要があります。仮に遺産分割協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てを行い、家庭裁判所での調停という場において話し合うことになります。家庭裁判所での調停でも話し合いがつかない場合には、家庭裁判所の審判により遺産の分割方法が決められることになり、解決までに多くの時間を要することになります。

ところが、有効な遺言が残されていれば、遺言の内容に従って遺産が分けることが可能となり、相続人の間での遺産分割協議を経る必要はなくなります。

ですので、遺産を巡る争いを防止するためにも、遺言を残すことが重要といえるでしょう。

【執筆者】
相続サポート協会
弁護士 服部毅

この記事を書いた専門家について

相続サポート協会
相続サポート協会
私たちのモットーは、「お客様の円満相続するために最適な相続・事業承継方法をご提案し、それを実行する事でお客様に喜んでもらうこと。専門分野の知識はもちろん、高い倫理観と人格を備えたNPO法人相続アドバイザー協議会の会員が中心です。

相続でお困りの方ご相談ください!

「相続のことを誰に相談したらよいのか、わからなかった」と言う人が多くいらっしゃいます。 法律や税金のことだけでなく、遺言、任意後見、不動産の評価や有効活用など、相続に関するあらゆるお悩み・疑問を各分野のスペシャリストが解決します。住宅ローン減税・相続税対策・お得な贈与の使い方などお気軽になんでもご相談ください。

■事務局:ライフアシスト株式会社
TEL:03-6410-9916
受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)